自立型社員を育成する【禅書修行研修】

研修(6時間)


【ターゲット】

チームリーダーのやる気とスピードを加速させたいと考えている経営者の方

 

【研修のゴール】

 

内部対話により「なんとなく思い描いていること」が明確になり、その方向にのみ自分の能力を発揮するようになると自ら行動する(自立)ようになるため、目的・目標の達成スピードが加速、達成しやすくなる。

自立した人材になる為、チームを巻き込み、統率する能力がアップする。


 

【研修概要】

数多の情報が飛び交い、自由に選択できる現代社会。しかし、世間や周囲の情報に縛られ翻弄され、自分を見失い生きる活力を失った人々が増える現状。

情報や時代に左右されず、心の奥底に存在する本来の意思に気付き、どのような状況下においてもブレずに自分の軸に立ち返ることができる人材が求められています。

御社の社員一人一人が意思をもち、職場やチームにおいて能動的に自分や周囲の能力を最大限に活用するためにはどのようにすればいいのでしょうか?その為にはチームリーダーの存在が大きな影響を及ぼします。

 

この研修は筆や手で表した文字や作品より自他の潜在能力を直観で読み取るワークから実際の目標達成意識をより明確にする意識的なアウトプットワークまで、潜在意識と顕在意識をバランスよく取り入れた内容です。

 

是非この機会にリーダーの精神力をさらに磨き、自らの意思をもって取り組む力を高めましょう。


研修カリキュラム

時間 内容 ねらい
90分

<座学>

・自己紹介

・研修の目的

・目標の共有(グループ内)記入

・心を鎮める呼吸法

・軸を定める重心法・エネルギーと手の関係性

 

<ワーク①>

・筆ワーク(アウトプットお題:現在)

・相互・自己内外共有(インプット)

・シート記入(気付き)

自分の現状(意識・無意識部分)を把握する
50分

<ワーク②>

・手墨ワーク(アウトプット)

・相互・自己内外共有(インプット)

・シート記入:自分の現状まとめ

45分

<ワーク③>

・筆ワーク(アウトプットお題:未来)

・相互・自己内外共有(インプット)

・シート記入

目的目標の無意識的アウトプット

明確なインプット

50分

<ワーク④>

・手墨ワーク(アウトプット)

・相互・自己内外共有(インプット)

・シート記入

30分

<ワーク⑤>

・金文字入り達成目標書初め

(アウトプット・インプット)

目的目標の意識的アウトプット

明確なインプット

30分

全体発表・まとめ

 

ワークについて~ねらいと効果~

<ワーク①筆ワーク>

自分の現状(意識部分・無意識部分)を把握する。

普段使いなれない道具を使うことで咄嗟の調整能力と現状(潜在的性質・気質)を意識的に把握することができる。

普段何気なく書いている文字を書くことにより意識的にアウトプットしやすい状態を創る。

五感(視覚・触覚)を活用することで潜在意識の意識化を促進する。

また、他者との共有により自分では気づかない本質や他人に与えている印象を把握する。普段は面と向かって言えないような他人からの内面への直接的見解(印象)を知ることができ、自らが思い込んだ自分との違いが出てくることもあり、自分も知らなかった自分(潜在意識)を知るきっかけとなる。

相互共有により、他者の作品を直観的に捉え、自らの五感(感性)を磨くことで能力向上を目指す。

 

<ワーク②手墨ワーク>

自分の現状(意識部分・無意識部分)を把握する。

手に直接墨をつけ、大きな紙に描くという非日常体験により日常の「概念」や「視点」、「能力」、さらには内に秘めていた「感情」や「本質」を出すねらい(アウトプット)。

感情解放にも繋がり、問題解決のスピード加速をねらう。ストレス発散効果も。また、自己の潜在部分を視覚化した情報を意識的・無意識的にインプットすることで自己理解をより深める効果がある。

普段、自らを制限・抑制しているものの存在に気付くことが自らの行動を加速することに繋がる。ワーク①の文字(意識・制限)には表れなかった無意識部分(上記無意識部分や本音)を読み取り、自分の本質に気付く。

 

<ワーク③筆ワーク>

達成したい目的目標をアウトプットし、そのために現状あるものの活かし方、さらに必要なものを打ち出し、より達成に近づける。仲間との共有により、達成エネルギーの相乗効果を見込む。

 

<ワーク④手墨ワーク>

達成した自らの象徴をイメージ・視覚化することにより、イメージの現実化を促進する。集中力を高め、長期記憶を促す。

 

<ワーク⑤金文字入り達成目標書初め>

目的目標を達成した自らを体感したまま、想いを込め紙に文字(自己エネルギー)を記すことで達成後の状態が視覚化される。毎日見る場所に貼り、単純接触効果による達成促進を図る。

また、金色の墨汁を使用することにより筆跡が輝き、「自己のエネルギーが輝くイメージ」「特別感」を持たせる。

目標目的を縦書きにすることにより、日本人の潜在的DNAに働きかける。大きな文字=エネルギーの大きさ・行動力・自信を表すため、これらを潜在的に増幅させるねらい。